モスト〜エスト.

しがないヲタクです。

元気が出るLIVEオーラスに参戦した大倉くん担当です。



気付けば今年始まって20日経っていました。
あ、あけましておめでとうございます。(遅すぎる)


えだまめです。
ご挨拶が遅れてしまいましたが、本年もよろしくお願い致します。





本当は書きたい話とかたくさんあったんですが、まずはこの話をしなきゃいけないなと思いまして、キーボードを動かしています。タイトルだけでハッ…!とした方も多いと思います。


そうです。私は、大倉くん担当の私は、あの日、会場に居ました。


2016年1月17日、関ジャニ∞の元気が出るLIVE、地元京セラドームでのコンサート。この日はツアーファイナル。

私はeighter12年目にして、ようやくツアーファイナルに参戦することが出来て、喜びと楽しみと、とにかくワクワクしてたんです。
しかも、席はアリーナ。最後の最後にこんないい席で見れるなんて、幸せ以外の何物でもありませんでした。


今日は収録がありますってアナウンスがあって、
大倉くんのビジュアルはどんなかな、
錦戸くんは前髪あるかな、(笑)
そしてエイトがどんなパフォーマンスをしてくれるのだろうか、
キャンジャニの自己紹介はどんなだろうか、
今日のMCは何の話かな……
色んなことを考えてました。楽しみで仕方なかった。



でも、5分前になってもあのアメコミでユニークなマナーVTRは流れません。
「(時間)押してるんかなぁ」なんて、友達と言ってました。


4時になっても、何の音沙汰もありません。
「おかしいなぁ。」
なんて言いながらもう一度メイクを直したりして。
でも、今思えば、あの時までは幸せだったなって。


どのぐらい経ったでしょうか、ぞろぞろと黒い服を着た人がステージに上がり、ステージの真ん中に集まってきました。

それが関ジャニ∞のメンバーだと気付いたのは、スポットライトが当たり、歓声が上がってからです。

私の居た場所は、メインステージを思いっきり横から見る形の席で、メンバーに横一直線に並ばれると、1番左端に居る横山くんしか見えないような場所でした。

だから、ステージ上には7人居ると思い込んでいたし、黒い服はスーツだと思っていたし、

「まさか………関ジャニ∞、解散??」

時期が時期でしたから、不安しかありませんでした。


でも、村上くんの第一声
『ご覧の通り、大倉くんが居ません』

で、ようやく事態を把握しました。本当はステージ上には6人しかいなくて、ステージ上に居ないのは、横一直線になったとしても横山くんより身長が大きく、唯一金髪で目立つはずなのに姿が見えていなかった、大倉くんだということに。



「事故とか事件に巻き込まれた?いきなり関ジャニ∞から脱退しなきゃいけないようなことをした??」

頭に浮かぶのは最悪の事態ばかり。
動揺と混乱が隠しきれませんでした。


『大倉くんは………』

この後を聞くのが怖くて怖くて、
聞いてからすぐ、頭が真っ白になりました。

思っていた、私にとっての最悪の事態ではありませんでした。

腸閉塞でドクターストップ。
でも安静にしていれば治る。



でも。

でも…


今日のライブに出れない?嘘でしょ?
今日、オーラスだよ?
6人でライブやるの?嘘でしょ?
大倉くん居ないのにツアーファイナルするの?
6人でもいいですか?ダメに決まってるじゃん。
イェーイ!って何。
なんで皆イェーイ!って言えるん。
なんでコンサートやるの?6人でツアーファイナルやるの?
大倉くん担当の気持ちは?


『ちょっと着替えてくるから待っててください!』というメンバーに、呆然としか出来なくて、
メンバーが捌けた瞬間、今まで我慢していたものが弾けたかのように、席に座り込んで泣きました。泣くしか出来ませんでした。






今から見る関ジャニ∞のライブに、大倉くんは居ない。
そんなこと、当たり前ですが今まで行ったライブで一度もありません。前代未聞です。

到底受け入れることが出来ない事実と、止まらない涙と、動き始める時間。





オープニング映像には、いつも通り笑顔の大倉くん。
大正駅から京セラドームに向かう道のりにある長い信号待ちで
『みんなこの長い信号待ちしてくれてんねんなぁ。』
と呟く大倉くんに、また涙が止まらなくて。





そんな泣いたり、笑ったりと、凄く忙しかったあの時間を、少し振りかえってみたいと思います。



キング オブ 男!
空けられた大倉くんの立ち位置。
横山くんが大倉くんの衣装を着て登場。
大サビ前、大倉くんが居ないので安田くんと村上くん2人だけで取っ組み合い。
錦戸くん『愛する大倉のためだけすべてを敵にしても守る』
すばるくん『愛する大倉の夢 並ならぬ涙の賜物』


へそ曲がり、がむしゃら行進曲、前向きスクリーム!
へそ曲がりの大倉くんパートは錦戸くん。
へそ曲がり間奏で安田くんのお腹から登場した大倉くん(のうちわ)
大倉くんがいつも乗っていたリフターに錦戸くん。
16日の公演で大倉くんがそのリフターに乗ってる時後ろの支えで遊んでて、それがすっぽ抜けちゃって焦ってたなぁ…なんて思い出してまた涙が溢れて。
へそ曲がりの安田くん、がむしゃらのマルちゃん、前向きスクリーム!の村上くん、マルちゃん、その全員の煽りが
大倉に届くように声出して!とか大倉の分まで踊って!とか、また泣かせるワードばかり。

もんじゃいビート
全員が大倉くんのうちわを持って、大倉くんのうちわと一緒に外周を回ってた。

ふりむくわけにはいかないぜ、LIFE〜目の前の向こうへ〜
叩く主が居ないドラムセットは、ドリンクホルダーなども置かれたまま存在していました。
本当に、大倉くんだけが居なくて。
一応たこやきオールスターズの方がリズムだけは刻んでくれていたと思いますが、ほぼほぼドラムの音無しでの演奏でした。

言ったじゃないか
『元気が出るLIVEだって言ったじゃないか』
『昨日まで元気やったやんか』
ほんとにそれだ。昨日まで元気やったし、元気を届けてくれてたやん、って。きっと大倉くん自身も思ってたと思う。

Heavenly Psycho
ライブに出れないとわかった時の大倉くんの心境のように思えて、また泣いてました。


ズッコケ男道
CANDY MY LOVE〜バリンタン
キャンジャニ∞ちゃん。
もちろんですが、私の大好きな倉子は居ません。16日公演で
『キャンジャニに仕事があるのは私の夜の仕事のお陰』と強烈すぎる自己紹介をした倉子は居ません。

倉子の毒舌は安子に引き継がれて、安子が二重人格みたいになってしまって
横子『倉子が居ないと安子の負担が大きすぎるわね』
丸子『倉子居ないからすっごく不安』
夏の恋人の曲フリの好きな人映像の時、
横子が『丸子には倉子が必要ね』
と、言ったら丸子は食い気味に
『絶っ対必要』
でまたまた涙です。もう顔ぐっちゃぐちゃぐちゃ。
丸子にあんなに毒を吐けるのも、たまに『今日は美人ね』と言って丸子の調子を狂わせるのも(そして新ギャグ『調子クルーニー』を誕生させた)、倉子しか居ないんだなって……。丸子に泣かされるなんて思ってませんでした。笑


夏の恋人
大倉くんのパートは全てマルちゃんが担当。
2番のマルちゃんと大倉くんがダンスをするところは横山くんが気付いて参加。


my store〜可能性を秘めた男たち〜
大倉くんパートに急遽助っ人・すばるくん登場!手には大倉くんのうちわ。
衣装は大倉くんのだからぶっかぶか。新一→コナンになった感凄かった。
急遽すぎるから歌詞も踊りもハチャメチャだったけどあれは3人居なきゃ出来ない曲だから自分のユニットもあるのに、出てくれただけで凄い。すばるくんを『渋やんこっち!』『次こっちやで!』って終始サポートしながら大倉くんパートも歌いきった山田のお2人も素敵でした。

LOVE&KING
すばるくんの衣装チェンジ&立ち位置に行く時間が無かったからか、ランドセル姿の3人がステージ上に居るまま始まったKING。すばるくんがわちゃわちゃやりすぎて
KING『俺より目立ってる!』
KING&ダンサーな感じの横山くんと錦戸くん、そしてランドセル姿のすば山田のなんとも奇妙で面白おかしいLOVE&KINGでした。


WASABI、韻踏ィ二ティ
WASABIの大倉くんパート、韻踏ィ二ティの大倉くんセリフはどちらも錦戸くんが担当。

High Spirits、勝手に仕上がれ
勝手に仕上がれの大倉くんパートは横山くんが担当。

すばるくんの挨拶
いつも通りの、心に響く挨拶でした。
悲しい思いをした人もいると思う、で涙ぐんだすばるくんにつられて、また涙。
ごめんなさいって謝らないでって。
メンバーだって、大倉くんと同じくらい7人でツアーファイナルに立ちたかったはずで、
メンバーだって、ファンより何倍もツアーファイナルを6人で締め括らなくちゃいけないことが辛いはずなのにずっと笑顔で、大倉くんファンの私たちにも100%楽しませようとしてくれていて。
こちらこそ、100%で楽しめていなくてごめんなさい、って思いました。


侍唄
それまで聞いたどこの侍唄より胸に響きました。
14日、先輩グループの衝撃的な報道の明くる日に聞いた侍唄は、勝手に僕をエイト、君をeighterだと置き換えて泣きました。
今回は僕をエイト、君を大倉くんに置き換えて、14日以上に泣きました。
チラッとモニターに映った安田くんも泣いていて、大倉くんのことを思ってなのかなってそこでも泣きました。


アンコール
シングルメドレー〜元気が出るSONG
大倉くんカラーのソフトバンクキャップ(福岡3日に大倉くんが被っていた)を被って登場した村上くん。
元気が出るSONGはいつもは横並びに少し距離をとりつつ歌うけれど、今日はすばるくんが大倉くんのうちわを左手で持ち、他のメンバーはそれを囲むようにちっちゃくまとまって歌っていました。
すばるくん、錦戸くんは大倉くんのうちわにむかって自分のパートを歌っていました。
マルちゃんは、自分のパートを
『今日の日の出来事 いつの日かみんなで話そう くだらないことじゃないよ  僕らにだけわかればいい』
と替えて歌いました。ここでまた号泣。
大倉くんパートは、eighterが担当。とはいえ、私は号泣で歌えませんでしたけどね。

『たとえば君の明日が見えなくても 支えるから』
メンバーは『支えるよー!』『お前のことかー!』『自分のこと言ってたんかい!』なんて笑いながら突っ込んでましたが、この言葉はメンバー、あの会場に居たファン、来れなかったファン、みんなみんな共通の思いなはず。

『ずっと一緒』はみんな大倉くんのうちわに向けて。初めて聞いた時はずっと一緒が6回も連続で怖い…とすら思っていましたが、あの時は「本当に、ずっと一緒に居てください」と切に願いました。

最後の錦戸くんのソロパート、『呼べるまで』を『お大事に』と替え歌して会場が笑いに包まれて(私も思わず泣きながら笑ってました)終われたことも、良かったことかなと。


いちばん救われたのは、
『大倉ファンにも大きな拍手を』
と言ってもらえたことかもしれないです。
そこまで気にかけてくれていたこと、申し訳ないなとは思いつつも本当に嬉しかった。


Wアンコール。
出てきてはくれましたが、歌は歌わず。
理由は「6人だから」
横山くんは『僕らの大倉に対する敬意です』
錦戸くんは『男の美学です』
と。
言い切ったメンバーがとてもカッコよかった。
きっとオーラス用に何らかの曲は用意してたはずなんです。でも、7人揃ってないから歌わないという関ジャニ∞の絆がそこでも見えた気がして良かった。



大倉くんが居ない関ジャニ∞のライブは初めてでした。
こんなに泣きながら参戦したライブは初めてでした。
こんなに見るのが辛くて、しんどいライブは初めてでした。

こんなに、参戦しなきゃよかったって思ったライブは初めてでした。

でも、

それ以上に、メンバーの絆が見えました。
大倉くんはメンバーに愛されてるんだなって改めて思いました。
関ジャニ∞は7人じゃなきゃダメなんだって改めて思わせてくれました。
今回はたまたま大倉くんだったけど、それがもしどのメンバーだったとしても絶対に欠けちゃいけないんだって。
そして、関ジャニ∞がファンである私たちをとてもとても大切な存在だと思ってくれているのだと、改めて思わせてくれました。
コンサート当日に緊急入院したのはジャニーズでも史上初かもしれないので比べようもないですが、6人でもライブをやっていいですか?とわざわざ聞いてからライブを始めたのは、やっぱりファンのことを思って以外の何物でもないでしょうし。

先ほど、参戦しなきゃよかった、と思うライブは初めてでした。と書きました。
でも、同時に改めて関ジャニ∞の絆の深さ、そして大倉くんの存在の大切さを痛感させてくれたこのライブに参戦出来てよかったな、とも思いました。


そして大倉くん。
直前まで大倉くんは出たい、と言ってて、でもお医者さんからストップ
がかかって。
次の日にあったジャニ勉の番協で『17日は水すら飲めなかった』と言う話があったと聞いたので、15時くらいなんて相当しんどかったはず。
その状態であっても出ようとしていて、ジャニーズの公式にコメントも出して。

最後までかけぬけたかった。
みんなで、笑っていたかった。

この2文から大倉くんの無念さ、悔しさ、辛さ、全部全部伝わってきて今でも涙が出そうです。
実はしばらく体調が悪かったのに我慢していて、その結果がこうなったのかもしれないし、公式の本人コメントにもあったように本当に体調管理の至らなさもあったかもしれないから、大倉くんは悪くないよ!とは100%言い切れないけども……
でも、誰よりも辛くて悔しいのは大倉くん自身なのも紛れもない事実で。
この悔しさは次のLIVEで全て晴らしてくれることを願ってます。
ファンとしては、もう謝らないでいいよ、もう自分を責めないでほしいなってことと、今はゆっくり休んで、笑顔の大倉くんが早く見たいです。

f:id:edamamemam:20160120010303g:image


でも、大倉くんが居ないライブはもう二度と見たくないですし、
イトメンバーの誰かがいないライブも、これから先見たくないです。当たり前ですが。

次のライブでは、7人の最高な笑顔を見れますように。


f:id:edamamemam:20160120010621j:image


そして、大倉くんが早く元気になりますように、今はただ祈ることしか出来ません。



以上、元気が出るLIVEオーラスに参戦した大倉くん担当の長い長い戯言でした。
ここまで見てくださった方ありがとうございました。
結構思ったままに感情をぶつけてしまったので、またちょくちょく修正かけます。不快なところ等あればご指摘ください。



えだまめ