読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスト〜エスト.

しがないヲタクです。

丸山隆平生誕記念、関ジミ3はいつから関ジミ3でなくなったのか

f:id:edamamemam:20151126195416j:image


こんばんは、えだまめです。

祝・丸山隆平32歳生誕。
ということで、私なりにまるちゃんをお祝いできるブログネタは無いかなと思って。
やっぱり担当とも関係あるネタにしたいなぁと思ったらすぐ近くにあるじゃないか。マルちゃん、安田くん、大倉くんの元関ジミ3、現大山田の彼ら「my store〜可能性を秘めた男たち〜 」について語る!!
いや、この3人はもはや無限の可能性しかないから。←
f:id:edamamemam:20151126194631g:image


ところで、今回のユニット曲の作詞者としてもクレジットされてますが、関ジミ3、っていう響きがもう懐かしいですね。
って関ジミ3てなんやねん。という方に
まず、関ジミ3について少し説明しておきます。

・関ジミ3とは?
別名は大山田(今はほぼ3人のことを指す時はこっちで呼ばれる。「大山田」命名はすばるくん)

・なんで関ジミ3になったのか?
2005年4月、関ジャニ∞の深夜番組内で視聴者に、地味で似たり寄ったりな3人のグループ名を募集して、決定したのが「関ジミ3」。



今思えばアイドルなのにジミってユニット名に入っているって、ねぇ…。
同じ7人組の後輩グループのアイドルなのに舞祭組、にも通ずるものがありますね。(?)
なんなら曲のコンセプトも『棚からぼたもち』に通ずるものがあると思う。
こっちは地味と言われていた(過去形)3人で、そのうちの1人はもはやグループトップの人気だけどな。
もう君たちの時代来てるよ、特に大倉くん。多分3~4年前から。


でも、確かにデビュー当時の彼らは
確かに地味で似たり寄ったり、だったかもしれません。キャラも今ほどたってなかったですしね。年上3人の個性が強烈すぎたのもあるでしょうけど(笑)
そんな地味な3人が、関ジミ3ではなくなったのはいつなのか。
ふと、そんなことを思ったので、考えてみることにしました。






「関ジミ3」が生まれたのは2005年5月。そこから順を追ってどこで彼らが関ジミを卒業したのか見てみます。

2005年
7月「関ジャニ∞ サマースペシャル2005 <前夜祭>」
マルちゃん、村上くんが冷やしていたプリンを、楽しみにしていたプリンを無断で食べて「これ、あんま美味しないな」と言い放つ事件。
安田「僕のこと、カチンって呼んでほしいんですよ(真顔)」今でもなお語り継がれる迷言が生まれた事件。
大倉くん、喋らなさすぎ。ヨコヒナから話を振られても声小さすぎて相槌すらマイクが拾わない。これもある意味事件。
8月「関ジャニ∞ サマースペシャル2005 『Magical summer』
安田くんと大倉くんが妖精コンビと言われるようになったきっかけ。
あの時の2人の容姿は本当に妖精みたいだった。マルちゃんはオカマ役。とてもリアリティある演技だったらしい。*1
9月「好きやねん、大阪。/桜援歌/無限大」発売
7月のことを受けて、好きやねん〜のセリフ割を間違いなく増やした安田さん。逆に状況説明しかさせてくれない大倉さん不憫。
12月「関ジャニ∞ クリスマスパーティ2005」
メンバーの認識が間違ったままひとり歩きしているが、エイトレンジャーが初登場したのはデビュー後のこのコンサート。

2006年
3月 関ジャニ∞1stフルアルバム「F.T.O」発売
関ジミ3の売り出しキャンペーンをしようとしたのか3人のユニット参加率が高い。
詳しくはこちらの記事で語ってます↓↓↓
3月〜4月 舞台「滝沢演舞城」
大倉くん(と横山くん)出演。タッキーが義経、横山くんが頼朝。大倉くんは弁慶役。弁慶に見えないとか絶対に言ってはいけない。
3月 TBSスペシャルドラマ「シンデレラになりたい!大倉くん初ドラマ出演*2かつ初主演。
8月「関ジャニ∞ Summer Special 2006 『Another's "ANOTHER"』」
関ジャニ∞にとって最後の松竹座夏舞台。
8月 TBS系スペシャルドラマ「名探偵キャサリン vs 十津川警部 京友禅の謎」
丸山くん出演、主人公のアシスタント役でまぁまぁ出番もある役でした。
8月〜9月 コンサート「渋谷すばる with 大倉BAND 」
なんでこの2人(+Jr.)でやったのかは謎。
11月 テレ東系スペシャルドラマ「自転車少年記安田くんと丸山くん 出演&ダブル主演。
12月「関ジャニ∞ ソロ公演 2006冬」
丸山くんと安田くん(+村上くん)がそれぞれ3日間×2公演ずつソロコンサート。

2007年
2月 「関ジャニ∞ えイトっ!ホンマ!?ビックリ!!ドームコンサート in OSAKA」
初ドームコンサート。(兼私の初参戦コンサート←)
5月〜9月 「47都道府県全国制覇!! えっ!ホンマ!?ビックリ!!TOUR 2007」
6月 2ndアルバム「KJ2 ズッコケ大脱走」発売
DISC2には全員のソロ曲が収録。安田くんは「わたし鏡」で女の子の気持ちを歌いそっちの安田感を( )、丸山くんは「MAGIC WORD〜僕なりの…〜」で明るいマルちゃんのキャラが全開、大倉くんは「まもりたい」でキザな男前キャラを欲しいままにする。
3人のキャラクターが棲み分けられて個性が出てきた頃。
7月 テレ朝系スペシャルドラマ「必殺仕事人2007大倉くん出演。
9月 TBS系スペシャルドラマ「輪違屋糸里〜女たちの新撰組〜」丸山くんが沖田総司役で出演。主演は上戸彩さん。
10月〜12月 TBS系連続ドラマ「歌姫」
大倉くん出演。連続ドラマ初出演。

2008年
1月〜2月 舞台「Endless SHOCK」
大倉くん、劇場オーナー・オオクラ役で出演。
7月〜 日テレ系連続ドラマ「ヤスコとケンジ大倉くんが椿純役で出演、安田くん第5話ゲスト出演。
10月〜11月 「Okura Tadayoshi concert 2008」
満を持して大倉くんの初ソロコンサート。この年(〜2009年のPUZZLEツアー終了まで)はおそらく大倉くん仕事しっぱなし。そりゃインフルなるわ(小声)

2009年
1月〜3月 テレ朝系連続ドラマ「歌のおにいさん
マルちゃん出演。連続ドラマ初出演。11/26生まれ仲間の「大ちゃんはぁ〜ツレみたいなもんやから*3」こと大野くんと共演。
1月〜4月 テレ朝系連続ドラマ「必殺仕事人2009
大倉くん出演。主題歌も東山さんと松岡くんとユニット「THE SHIGOTONIN」を組んで歌う快挙。がしかし4月初旬大倉くんが演じていたキャラがまさかの死。まさか死ぬなんて…!?降板…!?とリアルタイムで見ていたファン動揺。(私もそのうちの1人)
それから必殺仕事人の若手枠は元KATーTUN→知念くんへと受け継がれているけれど未だに主題歌は「THE SHIGOTONIN/鏡花水月*4
4月 3rdアルバム「PUZZLE」発売
ひじの裏が好きな君、とはと物議を醸し出した大倉くんのソロ曲「no-no-no」、丸山ワールド全開すぎる「ワンシャン・ロンピン」*5などなど通常盤には全員のソロ曲収録。安田くんは「アイライロ」。
全員の曲でもメインボーカルの2人と負けず劣らずのソロパートを担当したり、ハモリにと3人とも大活躍。
10月〜12月 NHK連続ドラマ「ROMES 空港防御システム」
大倉くんドラマ初主演。安田くんも出演(2番手)
12月 「関ジャニ∞ DOME CONCERT 2009-2010」初単独カウコン。

2010年
7月〜9月 TBS系連続ドラマ「DM〜踊れドクター〜」
東山紀之さん主演、大倉くん出演。
このドラマの主題歌『LIFE〜目の前の向こうへ〜』で関ジャニ∞、初の連ドラ主題歌担当。
10月 映画「大奥」大倉くん、映画初出演
10月〜12月 フジ系連続ドラマ「フリーター、家を買う。丸山くん出演。
10月 4thアルバム「∞UPPERS」発売
特典DVDのMusic filmではエイトが殺し屋に。新境地。
中でも大倉くんはオイシイ役をもらった。(ヒロインポジション←)
(某月 丸山くん、満を持して(ようやく)上京。)

2011年
1月 舞台『ギルバート・グレイプ丸山くん主演。舞台初出演!
4月〜6月 TBS系連続ドラマ「生まれる。」大倉くん出演、主題歌は関ジャニ∞の『365日家族
4月〜 フジ系バラエティ「爆笑!大日本アカン警察安田くん出演。単独バラエティレギュラーは初。
8月 日テレ系「24時間テレビ34『愛は地球を救う』」関ジャニ∞初メインパーソナリティ。
12月 映画「ワイルド7丸山くん出演。

2012年
1月 フジ系スペシャルドラマ「もう誘拐なんてしない安田くん出演(主演は嵐の大野くん)
1月〜3月 フジ系連続ドラマ「ストロベリーナイト丸山くん出演
4月〜6月 日テレ系連続ドラマ「三毛猫ホームズの推理大倉くん出演(主演は嵐の相葉くん)
4月〜6月 TBS系連続ドラマ「パパドル!」亮ちゃんが本人役で主演。エイトメンバーも本人役で登場。
4月〜5月 舞台「BOB」丸山くん主演。
7月〜9月 テレ朝系連続ドラマ「ボーイズ・オン・ザ・ラン丸山くん連続ドラマ初主演
7月〜9月 TBS系連続ドラマ「ドラゴン少年団」安田くん連続ドラマ初主演
7月 映画「エイトレンジャー」


(お仕事記録は∞祭パンフレットを参考にしました。端折ったもの結構あり。)
2012年8月まで書いてみたけど、結構仕事してはるのね…特に大倉さん。


彼らが地味を卒業したのはいつ?という問いに私なりに答えると、

大倉くんは3人の中では1番早く、具体的な年を出すと、2010年には卒業していると思いました。
主演でないにしろ出演ドラマの主題歌をゲットする時点で(しかも錦戸さんより早く)充分エース級。ドラマ・映画の出演数は3人の中はおろか関ジャニ∞内でも上位。人気も元祖エース錦戸さんと並んでトップクラス継続中。
ただしバラエティでのトークスキルがやっぱり低かったのか(今はトーク番組(しゃべくりとか、A-studioだとか)にピンで出れるくらいスキル上がりましたけどね)ドラマ以外のテレビ露出が少なかったのもあり、一般的に認知されたのは結構最近かも。

まるちゃんは露出自体はずっと少なめで推移していたけど、認知度が上がったのはおそらく人気爆発中の嵐・ニノさん主演のドラマ『フリーター、家を買う。』に出たこと、そこからコンスタントにドラマや映画に出演したことからだと思われます。
高視聴率だった『ストロベリーナイト』出演も大きかったかも。共演者に絶対好かれるそのキャラクターもきっとまるちゃんの人気が出た理由の一つだと思います。

安田くんは露出もそれほど多くなく、一番認知度が上がるのは遅かったと思いますが、ひとりでのバラエティ出演や、ここには書けませんでしたが2013年以降『夜行観覧車』『なるようになるさ。』などと先輩のバーターではない、演技力のある俳優さんに交じってドラマに出たりと、地道な出演とグループ露出が相まって今人気がどんどん上がってるような気がします。おそらくテレビで見るのと、コンサートで見るのと全くイメージが変わる人。可愛いとカッコイイのギャップにやられる人も多いのでは。
Twitterプロフィール調査では堂々のグループ内2位だしね!!!





最後になりましたが、11月26日、丸山隆平くん32歳誕生日おめでとうございます。
f:id:edamamemam:20151126195443j:image
関ジャニ∞関ジャニ∞でいる、変わらないという幸せを噛みしめて明日からも生きたいと思います。

ドリフェスのこととか侍唄の収録曲の話とか、書きたいことはいっぱいあるのですがとりあえずここで終わります。

まるちゃん、本当におめでとう。
大倉くんのことをこれからも宜しくお願いします。(笑)

f:id:edamamemam:20151126195342j:image




これからもエイトに、メンバーに、たくさんのおめでとう、とありがとう、を言えますように。

f:id:edamamemam:20151126195522j:image
f:id:edamamemam:20151126195235j:image



えだまめ



*1:実に見てみたかった、これは本気で悔やまれる

*2:ジャニーズJr.時代の「怖い日曜日」除く

*3:2013/07/27放送 エイト7人がゲストだった「嵐にしやがれ真夏の90分拡大スペシャル」より

*4:もちろん大倉くんの声入り。さすがに知念くんは辞めないだろうしそろそろ新曲作った方がいいと思う。ヲタがいつまで経っても成仏できない←

*5:ワンシャン・ロンピン=中国語で丸山隆平